人間には体毛が覆われているが、これは昔々人類の衣類が未発達であった為に、基本的に体を守る為に出来ているとされている。体を守る事とは、寒さによる適温維持、外部からのダメージの緩和、そして菌の侵入を防いだりと生命を維持する為には欠かせなかったのだ。これらの事から頭部や陰部に毛が集中している意味が分かってくるのではないか。

頭部には何か上から落下してきた場合、まともに衝撃を受けるだろうし、陰部が衝撃を受ければ生殖機能に影響を及ぼし、子孫を残す事が出来なくなってしまう。そうなれば全人類が滅びてしまう事になる。このような事から体毛は人類には必要とされてきたのだ。

しかし、現在ならば衣類も発達しているし、冷暖房施設も備わっている、建物も丈夫で上から何かが落下してきたりする心配が特殊な事をしていない限りないだろうから体毛が要らない部分も出てくるのではないだろうか。一般的にムダ毛と言われているワキや腕、脚の毛がある。ワキの毛は毛がある事によって見た目に影響が出るかもしれないし、バイ菌が繁殖したりと、あまり良い面が見当たらない。むしろ悪い面しかない。腕や脚の毛も特に意味はなく必要ないと断言出来る。しかし、まつ毛や眉毛、鼻毛にはしっかりとした意味がある為、処理をするには十分に気を遣って行わなければならない。

近年では、脱毛器やカミソリで自己処理をしている人も多いかもそれないが、埋没毛と言われる毛が埋もれて黒いブツブツのようになって恐れがある。埋没毛は自己処理で消すのは、ほぼ不可能と言って良いだろう。そこで専門知識をしっかり持った医療機関やエステに行く事をお勧めするのだ! 医療機関でも良いのだが、レーザーでの脱毛施術をする所が多くてエステの光脱毛に比べて痛いのが一般的なのである。 皮膚の薄い所をレーザーで脱毛するには痛みを覚悟して行く必要がある為、あまりここではお勧め出来ない!

効果としては医療機関を勧めるが、男性の場合、顎髭や鼻下の髭、そして頬のムダ毛、もみあげのムダ毛と言った部位を脱毛するのが一般的だからエステでの光脱毛で皮膚を労わりながら脱毛する事を勧める。まずは是非体験コースにて痛みなどを確かめてみてほしい。