人のアイデンティティを決める1番の大きな要素は顔だ、と言い切ってしまっても過言ではないだろう。ある程度付き合いがないと、性格からアイデンティティーを判別することは難しい。自分自身の証明書、例えば免許証やパスポートに顔写真をつける必要があるように、身体のどの部分よりも、顔は個性を1番表しているところなのである。

さて、そんな自分の中で重要な要素である顔を、あなたはまじまじと見たことがあるだろうか? 当たり前だが、私たちはこの世に生を受けてから自分の顔と付き合ってこなかった時がない。そしてこれから先も、1秒たりとも離れることはない。 朝起きてから寝るまで、1回も自分の顔を見ないという人はほとんどいないだろう。いくら自分の顔が嫌いで鏡を見ないとしても、パソコンの画面やガラスに映る自分の顔を一瞬でも見ることはあるはずだ。 だがそこには自分の主観が入ってしまい、鏡に映る自分の顔を良くも悪くもうがった見方をしてしまっていることが多い。普段鏡で見る自分と写真に映る自分にギャップを感じたことはないだろうか?その様に自分だけの視点で見た自分の顔は、良いところも悪いところもそのままを捉えていない場合が多々あるのである。

上記の通り、客観的に自分の長所短所に向き合うのは難しい。自分を表現するメイン要素である顔。そんな大切なものでありながら、私たちはその良さを自分だけの力では上手く活かしきれていないのだ。 自身で自身に客観的に向き合うことで、人の短所は改善され、長所はさらに伸びてゆく。だがしかし、客観視するということは簡単なことではない。そこで私たちはその分野のプロの手を借りて、自身を高めて行くのである。

良いものを活かせないこと程勿体無いことはない。顔の印象が変わるだけで全てが良くなる訳ではないが、人生がガラっと変わることも少なくない。 おそらくこのページを見ているあなたは、自分の顔に自身では解消できないなんらかの不満があるはずだ。だが、顔の印象を変えるのは難しいことではない。むくみ一つ取れるだけでも印象はかなり変わる。そこでフェイシャルエステに出向いて「顔のプロ」による施術を受け、すっきり変わった自分の顔にまじまじと向き合ってはどうだろうか。そうすることで新しく出会った自身の長所と短所に出会い、どんどん洗練された自分へと磨かれていくのである。